若返りホルモンの代表格

女性にとって最も身近なホルモンといえばエストロゲンですよね。主に卵巣でつくられ、コラーゲンの生成を促してお肌を整え、ハリやツヤを保ったり、病気を防いで骨にカルシウムを蓄積させて丈夫にしてくれる作用もあり女性の守り神ともいえます。もう一つ、いわゆる男性ホルモンとされるテストロテンは女性でも男性の10分の1、多い人で3分の1の量が分泌されていて、筋肉を増やしたり、やる気をアップさせ長寿に関係するホルモンともいわれています。

美を保つ眠りのホルモン

美を保つにはやはり眠りが大事ですよね。そこでよく聞かれるのがメラトニンと成長ホルモンでしょう。メラトニンは体内時計のお知らせ役で、体のすみずみに夜であることを知らせ、深い眠りを維持するホルモンで、深い眠りを維持できることが成長ホルモンの分泌につながるので、ワンセットで考えておきましょう。また、メラトニンは活性酸素を消す作用もあります。そして、長生きの人に分泌が多いとされるDHEAは女性の中でも40代以上の守り神となるホルモンで、副腎皮質でつくられ、性ホルモンの原材料で内臓脂肪を燃やしたり、血管機能を回復してくれるお助けホルモンです。

最新の若返りホルモン

最新の研究では、これまでの若返りホルモンに加えて、新たに3つほど注目されているものがあります。ビタミン類でありながらホルモンとして認められたビタミンDは丈夫な骨を保つためのホルモンで、サケやマイタケなど魚やキノコ類からも摂取できますよ。また、筋肉から分泌されるホルモン、イリシンは白色脂肪細胞をエネルギーを消費してくれる褐色脂肪細胞に変化させると期待されている注目株のホルモンになります。ほかにも、腸から出るホルモンもどき、短鎖脂肪酸はエネルギー代謝を改善するホルモンのような働きをしてくれるのです。これらのホルモンが減ると太りやすく、疲れやすくなるので、分泌をキープして若い体を維持していくといいでしょう。

品川美容外科の訴訟まとめサイト

最近太りやすくなった!?年々減るのでキープしたい若返りホルモンとは

Post navigation